【ホスティングサービスご利用規約】

本規約は、株式会社CSDソリューション(以下弊社という)が提供するインターネット関連サービス(以下本サービスという)の契約者である法人又は個人(以下契約者という)と弊社の間において、本サービスの利用に関わる一切の関係に適用します。本サービスの契約者は本サービス利用の申込前に必ず本規約の内容を確認し、本規約の内容を承諾した上で本サービスの利用の申込をするものとします。

第1節 総則

第1条(本規約の範囲および変更)
弊社が提供する手段を通じ随時契約者に対して発表される諸規定は、本規約の一部を構成し、契約者はこれを承諾します。
また、弊社は契約者の了承を得ることなく、この規約を変更することがあり、契約者はこれを承諾します。この変更は弊社の提供する手段を通じて随時契約者に発表します。また、本規約で定義されていない条項については適宜弊社で設定いたします。

第2条(最低利用期間)
本サービスの利用に関する契約の最低利用期間以下の通りとし、起算日は、本サービス利用可能通知を行った日の翌月1日とします。ただし、弊社が書面にて本契約付帯事項を別途定めた場合は、この限りではありません。

  1. 1カ月ごとの支払いを選択した場合の最低契約期間は3カ月とします。
  2. 6カ月ごとの支払いを選択した場合の最低契約期間は6カ月とします。
  3. 12カ月ごとの支払いを選択した場合の最低契約期間は12カ月とします。

第3条(契約の単位)
契約の単位は、一つの基本プランごとに一つの契約をとなります。
ドメイン取得等も含むオプションプランは基本プランに付随するサービスとします。

第4条(権利の譲渡制限)
契約者が当該契約に基づいて本サービスの提供を受ける権利は、譲渡することができません。

第5条(ドメイン名およびIPアドレスの特定)
契約者が本サービスにおいて使用するドメイン名については別途定めます。また、IPアドレスについては、弊社がこれを指定いたします。

第2節 申込及び承諾等

第6条(利用の申込)
本サービスの利用の申込は、当該サ−ビスの内容を特定するために必要な事項を記載した弊社所定の契約申込書をオンラインもしくは紙面で提出することにより行うものとします。

第7条(申込の承諾等)

  1. 弊社は、本サービスの利用の申込かつ初回費用の入金を以て、これを承諾するものとします。
  2. 申込に係るサ−ビスの提供は、申込を受け付けた順とします。ただし、弊社は、必要と認めるときは、その順序を変更することがあります。
  3. ドメイン申し込みに関わるサービスの提供は弊社が申し込みの承諾をした順と致します。

第8条(申込の拒絶)

  1. 弊社は、次に掲げる事由に該当する場合には、本サービスの申込を承諾しないことがあります。
    (1)本サービスの申込者が当該申込に係るサ−ビス契約上の債務の支払を怠るおそれがあることが明らかであるとき
    (2)本サービスの申込者が第14条第1項各号(利用の停止)の事由に該当するとき
    (3)本サービス契約の契約申込書にことさら虚偽の事実を記載したとき
  2. 前項の規定により、本サービスの利用の申込を拒絶したときは、弊社は、申込者に対し、その旨を通知します。

第3節 契約事項の変更等

第9条(契約者の名称の変更等)
契約者は、その氏名若しくは名称若しくは住所若しくは居所に関する事項に変更があったときは、弊社に対し、速やかにその旨を届け出ていただきます。

第10条(法人の契約上の地位の承継)

  1. 契約者である法人の合併により契約者たる地位が承継されたときは、当該地位を承継した法人は、弊社に対し、速やかにその旨を申し出るものとします。
  2. 第8条(申込の拒絶)の規定は、前項の場合について準用します。この場合において、同条中「申込」とあるのは「申出」と、「本サービスの申込者」とあるのは「当該地位を承継した法人」と、「本サービスの契約申込書」とあるのは「申出書」とそれぞれ読み替えるものとします。

第11条(個人の契約上の地位の引継)

  1. 契約者である個人(以下この項において「元契約者」といいます。)が死亡したときは、当該個人に係る本サービス契約は、終了します。ただし、相続開始の日から2週間を経過する日までに弊社に申出をすることにより、相続人(相続人が複数あるときは、最初に申し出た相続人)は、引き続き当該契約に係る本サービスの提供を受ける事ができます。当該申出があったときは、当該相続人は、元契約者の当該契約上の地位(元契約者の当該契約上の債務を含みます。)を引き継ぐものとします。
  2. 第8条(申込の拒絶)の規定は、前項の場合について準用します。この場合において、同条中「申込」とあるのは「申出」と、「本サービスの申込者」とあるのは「相続人」と、「本サービスの契約申込書」とあるのは「申出書」とそれぞれ読み替えるものとします。

第4節 利用の制限、中止及び停止並びにサ−ビスの廃止

第12条(利用の制限)
弊社は、次に掲げる事由があるときは、本サービスの利用を制限する措置を採ることがあります。

  1. 電気通信事業法第9条の規定に基づき、天災事変その他の非常事態が発生し、若しくは発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する通信を優先的に取り扱うとき

第13条(利用の中止)

  1. 弊社は、次に掲げる事由があるときは、本サービスの利用を中止することがあります。
    (1)弊社及び関連施設の電気通信設備の保守又は工事のためやむを得ないとき
    (2)弊社が設置する電気通信設備の障害等やむを得ない事由があるとき
  2. 弊社は、本サービスの利用を中止するときは、契約者に対し、前項第1号により中止する場合にあっては、その14日前までに、同項第2号により中止する場合にあっては、事前に、その旨並びに理由及び期間を通知します。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではありません。

第14条(利用の停止)
契約者が、次に掲げる事由に該当する場合は、弊社は当該契約者の利用資格を契約者に何ら事前に、通知および勧告することなく、一時停止することができます。

  1. 料金等弊社契約上の債務の支払を怠ったとき
  2. 違法に、又は明らかに公序良俗に反する態様において本サービスを利用したとき
  3. 弊社が提供するサ−ビスを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様において本サービスを利用した時
  4. 第8条第1項第3号(第10条第2項、第11条第2項において準用する場合を含みます。)に該当するとき
  5. 本規約のいずれかに違反した場合
  6. その他弊社が契約者として不適当と判断した場合

第15条(サ−ビスの廃止)

  1. 弊社は、都合により本サービスを廃止することがあります。
  2. 弊社は、前項の規定によりサ−ビスを廃止するときは、契約者に対し、廃止する日の2ヶ月前までに、書面により、その旨を通知します。
  3. 第8条(申込の拒絶)の規定は、前項の請求について準用します。この場合において、同条中「申込」とあるのは「請求」と、「本サービスの申込者」とあるのは「契約者」とそれぞれ読み替えるものとします

第16条(ホームページ、その他本サービスへの登録内容の削除)
ホームページ、その他本サービスの利用に関し、登録された文章などの内容が、弊社により下記に該当する、またはその恐れが有ると判断された場合、契約者へ事前に通知することなく、削除されることがあります。

  1. 公的秩序に反する場合(いわゆるアダルトコンテンツの掲載を含む)
  2. 犯罪行為に結びつく場合
  3. 他の契約者または第三者の著作権を侵害する場合
  4. 他の契約者または第三者の財産、プライバシーを侵害する場合
  5. その他、法律に反する場合
  6. 他の契約者、または第三者に不利益を与える場合
  7. 他の契約者、または第三者を誹謗中傷する目的の場合
  8. 弊社の運営を妨げる場合
  9. その他、弊社より不適当と判断された場合

第5節 契約の解除

第17条(弊社の解除)
契約者が、次に掲げる事由に該当する場合は、弊社は当該契約者の利用資格を契約者に何ら事前に、通知および勧告することなく、解除することができます。この場合弊社は既にお支払いいただいた利用料金の払い戻しなどは、一切行いません。

  1. 本契約約款のいずれかに違反した場合
  2. その他弊社が契約者として不適当と判断した場合

第18条(契約者の解除)

  1. 契約者は、契約の解除しようとする日の前々月末日までに弊社が定める方法により弊社に通知することにより、契約を解除することができるものとします。但し、契約の解除しようとする日が、第1節第2条(最低契約期間)に定める期間に満たない場合は、期間の満了をもって解除とします。
  2. 契約者は、前項の規定にかかわらず、第12条(利用の制限)又は第13条第1項(利用の中止)の事由が生じたことにより本サービスを利用することができなくなった場合において、当該サ−ビスに係る契約の目的を達することができないと認めるときは、当該契約を解除することができます。この場合において、当該解除は、その通知が弊社に到達した日にその効力を生じたものとします。
  3. 第15条第1項の規定により本サービスが廃止されたとき(同条第3項の規定により、他の種類のサ−ビスへの変更があった場合を除きます。)は、当該廃止の日に当該本サービス契約が解除されたものとします。

第6節 料金等

第19条(契約者の支払義務)

  1. 契約者は、弊社に対し、本サービスの利用に関し、次条から第27条までの規定により算出した当該サ−ビスに係る初期費用、(以下この章において「サ−ビスの種類の変更に伴う費用」といいます。)、基本料金、オプションサービス料(以下この章において基本料金、オプションサービス料、併せて「本サービスの料金」といいます。)を支払うものとします。
  2. 初期費用の支払義務は、弊社が本サービス契約の利用の申込を承諾した時に発生します。
  3. 本サービスの料金は、起算日から当該サ−ビスを提供した最後の日の月末日までの期間(但し本則第1節第2条を適用するものとします)について発生します。この場合において、第14条(利用の停止)の規定により本サービスの提供が停止された場合における当該停止の期間は、当該サ−ビスに係る本サービスの料金の額の算出については、当該サ−ビスの提供があったものとして取り扱うものとします。

第20条(初期費用の額)
初期費用の額は、別表に定める額とします。

第21条(料金の額)

  1. 基本料金及びオプションサービス料金は別表に定める額とします。
  2. 第22条(料金の調停)の場合にあっては、本サービスの料金の額は、前項の規定にかかわらず、同条の規定により算出した額とします。

第22条(料金の調定)
本サービス契約がその最低利用期間が経過する日前に解除された場合(第18条第2項又は第3項の規定により解除された場合を除きます。)における本サービスの料金の額は、当該最低利用期間に対応する本サービスの料金の額とします。

第23条(利用不能の場合における料金の調定)
弊社の責に帰すべき事由により本サービスが全く利用し得ない状態(全く利用し得ない状態と同じ程度の状態を含みます。以下同じとします。)が生じた場合において、弊社が当該状態が生じたことを知った時から連続して24時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます。)当該状態が継続したときは、弊社は、契約者に対し、その請求に基づき、利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は、切り捨てます。)に本サービスの料金の30分の1を乗じて算出した額を、本サービスの料金から減額します。ただし、契約者当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者は、その権利を失うものとします。

第24条(料金等の請求方法)

  1. 弊社は、契約者に対し、本サービスの料金については、契約者が選択した支払い期間に応じて計算した額の本サービスの料金を請求します。
  2. 半年、1年ごとの支払いを選択した場合、弊社は契約者に対して中途解約による差額の返金は行なわないものとします。

第25条(料金等の支払方法)
契約者は、初期費用、本サービスの料金を、弊社が指定する日までに、弊社が指定する方法により支払うものとします。

第26条(割増金)
初期費用、本サービスの料金の支払を不法に免れた契約者は、弊社に対しその免れた金額の2倍に相当する金額(以下「割増金」といいます。)を支払うものとします。

第27条(遅延損害金)

  1. 契約者は、本サービスの料金その他本サービス契約上の債務の支払を怠ったときは、次項が定める方法により算出した額の遅延損害金を支払うものとします。ただし、当該債務がその支払うべきこととされた日の翌日から10日以内に支払われたときは、この限りではありません。
  2. 遅延損害金の額の計算は、次のとおりとします。
    (1)未払の期間が30日以内のとき  未払債務の100分の5の額
    (2)未払の期間が30日を超えるとき 未払債務の100分の5の額に31日目から30日までごとに1000分の15の額を加えた金額

第28条(割増金等の支払方法)
第25条(料金等の支払方法)の規定は、第26条(割増金)及び前条(遅延損害金)の場合について準用します。

第29条(消費税)
契約者が弊社に対し本サービスに関する債務を支払う場合において、消費税法(昭和63年法律第108号)及び同法に関する法令の規定により当該支払について消費税が賦課されるものとされているときは、契約者は、弊社に対し、当該債務を支払う際に、これに対する消費税相当額を併せて支払うものとします。

第7節 雑則

第30条(ブログサービスにおける著作権の取扱)
ブログサービスに掲載された内容に関する著作権は、当該掲載内容を創作した著作者又は著作権者、その他正当な権限を有する者に帰属するものとします。但し、契約者は、サービスの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、ブログサービスの掲載内容の一部を弊社が運営するWEBサイト等で利用することを、あらかじめ承認するものとします。又、弊社は、契約者がブログサービスを利用して創作したすべての著作物を、出版物等に利用する場合、本人の承諾を得るものとします。

ブログサービスで提供するブログシステム及びデザインテンプレートデータの著作権、所有権、使用権、その他の知的財産権は、弊社および各制作者が留保しています。この権利はいかなる場合においても契約者に譲渡されるものではありません。

第31条(損害賠償の範囲)

  1. 弊社以外の電気通信事業者(以下通信事業者という)の責に帰すべき事由を原因として生じた利用不能状態により契約者が損害を被ったときは、弊社は、当該債務を被った契約者に対し、その請求に基づき、弊社が当該通信事業者から受領した損害賠償の額(以下「損害限度額」といいます。)を限度として、損害の賠償をします。
  2. 前項の契約者が複数ある場合における弊社が賠償すべき損害の額は、当該損害を被った全ての契約者の損害に対し、損害限度額を限度とします。この場合において、契約者の損害の額を合計した額が損害限度額を超えるときは、各契約者に対し支払われることとなる損害賠償の額は、当該契約者の損害の額に当該損害を被った全ての契約者の損害の額に損害限度額を全ての契約者の損害の額を合計した額で除して算出した数を乗じて算出した額となります。

第32条(免責)
弊社は、前条第1項の場合を除き、契約者が本サービスの利用に関して被った損害(その原因の如何を問いません。)について賠償の責任を負いません。

付 則 この契約約款は平成18年1月10日から実施します。